ThinkPad Xシリーズのレビュー・口コミ情報なら

スマホ通話録音したいのならICレコーダーと専用イヤホンを買うべし!

スマホの通話を録音したいと思ったことはありませんか?私は仕事がら電話で相手とやりとりすることが多いのですが、そんな時困るのが通話の内容を忘れてしまうということ。もちろんメモは取っていますが、相手が早口だとメモ取りが間に合いません。そんな悩みを解決することができました。

スマホの通話録音に必要なもの

スマホの録音にはICレコーダーと専用のイヤホンが必要です。正確にはイヤホンではなくマイクロホン(イヤホン型のマイク。自分の耳に指すパッドの反対側が集音マイクになっているもの)です。

 

iPhoneの通話録音アプリは使えなかった

ものぐさな私は、当初ICレコーダー無しのスマホアプリだけで通話録音できないかと色々試してみました。パソコンのSkype通話ならフリーソフトの「FreeVideoCallRecorder」で録音できるのですが、どうもスマホの通話録音はアプリだけではできないようで無料を有料にしてもダメでしした。どうやらアプリだけの問題ではなく、キャリアの3者間通話の申し込みが必要なのと、法律関係のしがらみもあるようで難儀しました。

 

結局私のスマホはUQモバイルで3者間通話に対応していなかったので、そもそもスマホアプリだけで通話録音を実現させることは不可能でした。

 

その後ネットで色々と調べてみた結果、ICレコーダー+マイクロホンの組み合わせが最も確実だということが分かりました。

 

オリンパスのVoiceTrek V-842とTelephoneピックアップを購入


早速横浜のヨドバシカメラに行きました。ここはとても品揃えが良いので、たまに行きます。すぐに店員に「スマホの通話を録音したいのですが」というと、ICレコーダーとマイクロホンを併用することを教えてくれました。どうやらビジネスマン達を中心に昔からある需要のようです。

 

普段は全く見向きもしないICレコーダーコーナーに連れて行かれました。そこにはSONYやPanasonicなど色々なICレコーダーがありましたが、時間がもったいないので「この中でスマホの通話録音ができて最も安く済む製品を教えてください」とシンプルに伝えたところ、オリンパスの製品をおすすめされました。似たような商品でPanasonicやSONY製がありましたが、店員いわくブランドの差だけで、中身は変わらないと言っていました。

 

だったら質実剛健、目的を果たせればそれで良いですから、オリンパスの一択です。オリンパスのVoiceTrek(ボイストレック)V-842とTelephone(テレフォン)ピックアップという商品を購入しました。ここでアクシデント。VoiceTrekのカラーは3色あり、シルバーとブルーとライムグリーンです。ブルーとライムグリーンは製造中止しているとこのと。そしてシルバーも店頭在庫がないそう。

 

うーむ、と悩みましたが、配送で自宅に明日届くというので、それでお願いしました。ついでに10数年ぶりにヨドバシカメラのポイントカードを作りました。まぁ今はカードと言ってもスマホのアプリをインストールすれば、それがポイントカード代わりになるので荷物が減って便利です。

オリンパスのVoiceTrek V-842とTelephoneピックアップを使った感想


自宅に届いた2製品です。
使い方はいたって簡単で、上の画像のようにICレコーダーに差したマイクロホンを使用して、スマホのレシーバーから相手の声を拾うのと同時に、自分の声も録音してしまうというものです。なんてアナログなんでしょうか。昔音源から直接録音していたカセット録音方式を思い出します。

 

早速使ってみました。Telephoneピックアップの端子をV-842のマイク端子に差し込み、自分の左耳にTelephoneピックアップを差し込みます。その状態で、スマホを左耳に当て普通に通話します。もちろんV-842の録音は開始しておきます。ほんとにアナログ過ぎて笑えます。

 

奥さんと通話してみました。Telephoneピックアップが耳に刺さった状態でも相手の声がよく聞こえます。一通り話した後、試しにiPhone純正のマイク付きハンズフリーイヤホンを同じようにセッティングして録音してみました。iPhoneのイヤホンは音量切替の部分がマイクになっています。だからそのマイク部分をスマホのレシーバー部分に当てながら通話しました。

結果はTelephoneピックアップの圧勝。といいますか、iPhoneのイヤホンで録音した方の音声は全く聞き取れないものでした。Telephoneピックアップすごいです!自分の声も相手の声もスッキリクリアな音質で全く問題ありません。本体も小さくて軽いし、もう手放せません!

 

因みに録音が終わった後はV-842からニョキッとUSB端子が出てくるので、それをパソコンに差すだけでMP3音声ファイルを転送することができます。
V-842はマイクロSDカードを挿入することもできますが、の本体内蔵メモリだけで4GBあるので十分です。

 

Telephoneピックアップのコードが非常に長いのが気になりましたが、普段は下の画像のようにくるくるとV-842に巻いておき、必要な分だけ解いて使えばコードが邪魔になりません。それにマイク端子に差し込んだプラグ部分をくいっと下に回せば、あっというまにコードストッパー代わりになるので大変便利です。長さ調整も思いのままです。本来の使い方では無いと思いますが(笑)。

 

結局アナログが一番らしい

ずっと悩んでいたスマホの通話録音。これでようやく解決することができました。今までこちらからの通話はパソコンのSkype通話(Office365に付いてくる全世界1時間無料通話プラン)でOKでしたが、向こうから掛かってくる通常電話の前には無力でした。あらゆるアプルも役立たずでしたし。

 

そこへきてこのICレコーダー+マイクロホンというアナログコンビ。最高です。アナログな分確実性が上がるのが良いですね。これで仕事がはかどります。

 

 

 

後から知ったのですが、TelephoneピックアップはAmazonのベストセラー商品のようですね。