ThinkPad X260レビュー・口コミ情報なら

ThinkPad X260のメモリー交換の手順を解説。これは簡単

前回までThinkPad-X260の裏蓋外し→SSD換装まで解説しました。

 

前回記事
LenovoThinkPad X260の大容量SSD換装の手順を解説。裏蓋外しが少々厄介

 

今回はメモリー交換を行います。それでは手順をご説明していきます。

 

※ちなみに、ThinkPad X270シリーズもほぼ同じ金型なので、同様にカスタムできます。

 

高性能メモリーに換装する

今度はメモリー交換です。なお、裏蓋はすでに外れているものとします。

 

私は少しでもお得にするために、ThinkPad X260購入時は一番安い4GBを選択しました。ここで別に購入しておいた16GBのメモリーに交換します。※純正16GBよりも安い場合が多いです。

 

ThinkPad X260のメモリーはDDR4方式のSODIMM(ノートパソコン用)を買い求めてください。私が購入したのはCrucial製のメモリーです。

 

 

購入した16GBメモリー

 

メモリーは裏側向かって右側にあります。

 

 

この両サイドでメモリーを支えているツメを左右に開いて外します。そうするとこのようにメモリーが浮き出ます。

 

 

そのまま抜いて新しいメモリーを挿入し、ツメで固定しましょう。ちなみに純正ではSAMSUNG製のメモリーが組み込まれていました。

 

 

これで全てのカスタムは終了です。

 

最後に裏蓋を戻す

今度は裏蓋をもとに戻していきます。アッセンブリはバラした時の手順の逆です。※前回の記事と同様です。

 

前回記事
LenovoThinkPad X260の大容量SSD換装の手順を解説。裏蓋外しが少々厄介

 

 

まずはヒンジ側に向かって裏蓋を斜めに滑り込ませ、ヒンジ側のツメを全てはめ込みます。

 

 

次に残りの3辺のツメをはめ込んでいきます。外すときに最後まで抵抗していたヒンジ横の2個のツメをはめ忘れることが多いので注意しましょう

 

 

ツメをはめ込んだら裏蓋の全てのネジを締め込んで完了です。

 

メモリー交換考察

ThinkPadX260やX270の場合、筐体自体が多く空間を取ったレイアウトなため、他のモバイルノートパソコンに比べてカスタムがし易いです。特にメモリー交換はパソコンカスタムの王道、基礎中の基礎ですから、これぐらいは一度行っておくほうが自分のパソコンに愛着が湧いて良いと思います(笑)。

 

 

トップページ