ThinkPad X260レビュー・口コミ情報なら

LenovoThinkPad X260の大容量SSD換装の手順を解説。裏蓋外しが少々厄介

さて、下ごしらえの済んだThinkPad X260をカスタムしてさらにハイスペックにしていきます。

 

参照記事
ThinkPadX260フルスペック仕様を最安値で買う方法。ブログ書きに最適な小さな相棒

 

大きな変更点は1TB大容量SSDに換装するところですね。それとメモリー交換も合わせて行います。それでは手順をご説明していきます。

※ちなみに、ThinkPad X270シリーズもほぼ同じ金型なので、同様にカスタムできます。

 

安く購入したThinkPadX260のHDDを大容量SSDに換装する

 

さてここからはSSDに換装する手順をご説明します。

 

ThinkPad X260の初期構成で私は500GBのHDDを選択しました。これは一番安い選択肢です。一番高い500GBのSSDとの価格差は3万円ほどもあります。しかし、AmazonでSSDを自分で購入すれば、より容量の多い1TBのSSDが2万ほどで手に入るので非常にお得です。この大容量SSDは今自分が利用中のマイクロソフトoffice-soloに付いてくるOneDrive1TBと相性が良いためどうしても必要なのでした。

 

ThinkPad X260に換装可能なSSDは2.5インチSSDと呼ばれるものです。

 

今売れ筋のSSDはこちら

 

私はこちらのSSDにしました。

 

サンディスクウルトラⅡ

フロントバッテリー無効化

まずはThinkPad X260のフロントバッテリーを無効化します。

 

手順

  1. 電源ケーブルを抜く
  2. バッテリー駆動のまま再起動
  3. 画面が暗くなったら「F1」キーを連打しBIOSを立ち上げる
  4.  

  5. 矢印キー→で「Config」タブに移動し、矢印キー↓で「Power」に移動、Enterを押す

     

  6.  

  7. 矢印キー↓でDisable Built-in Batteryを選択し、Enterを押す

     

  8.  

  9. ポップアップ上の「Yes」でEnterを押す

     

  10.  

  11. 電源が落ちる

以上でフロントバッテリーの無効化が完了です。無効化を解除したいときは電源ケーブルを接続すれば自動的に解除されます。

リアバッテリーを取り外す

まずは裏のバッテリーを取り外します。

 

裏蓋を外す

裏蓋には8箇所+ネジがあるのでネジを全て緩めましょう。

 

 

ジュラコンなどの素材でできたスクレイパーを用意します。樹脂製工具だとThinkPad本体を傷つける心配もありません。工具は100円均一などで売っています。

 

 

側面にジュラコン製のスクレイパーを差し込み、そのままスライドさせます。

 

 

マウスパッド側と両側面の3辺にある全ての爪を外し斜めに浮かせます。

 

 

ヒンジ側が引っかかるので、そのまま斜めに引き抜く力を掛けながらリアバッテリー部分の凹にある爪を外していきます。画像だと分かりにくいですが、左がツメON、右がツメOFFの状態です。ここはマイナスドライバー等があればスムーズにいくでしょう。

 

 

最後の最後、ヒンジ両脇の内部のツメが引っかかるので、今度は反対に押しながら取りましょう。分かりにくいですが、画像の赤枠の中の爪の部分です。

 

 

裏蓋が外せました。

 

 

SSDを換装する

SSDはネジ一本外せばOKです。

 

 

次に左側の端子を引き抜き、HDDを取り外します。

 

 

HDDを包んでいる黒い樹脂パーツを外します。

 

 

 

 

ちなみにLenovo純正の500GBHDDはSEAGATE製でした。

 

 

SanDiskのUltraⅡと並べてみましょう。ほとんど同じ大きさです。

 

 

厚みも同じですね。

 

 

黒い樹脂パーツをSSDに装着します。裏表を間違えないようにしてください。出っ張りがある方をロゴ側にします。

 

 

端子にブスっと差し込み、再びネジで固定し、SSD換装は終了です。

 

 

高性能メモリーに換装する

今度はメモリー交換です。別記事で解説します。

 

メモリー交換はSSD換装と同じタイミングで行うのが良いと思います。

 

ThinkPad X260のメモリー交換の手順を解説。これは簡単

 

 

最後に裏蓋を戻す

今度は裏蓋をもとに戻していきます。アッセンブリはバラした時の手順の逆です。

 

 

まずはヒンジ側に向かって裏蓋を斜めに滑り込ませ、ヒンジ側のツメを全てはめ込みます。

 

 

次に残りの3辺のツメをはめ込んでいきます。外すときに最後まで抵抗していたヒンジ横の2個のツメをはめ忘れることが多いので注意しましょう

 

 

ツメをはめ込んだら裏蓋の全てのネジを締め込んで完了です。

 

SSD換装考察

ThinkPadX260やX270の場合、SSDやメモリー交換よりも裏蓋外しのほうが100倍大変です。逆言えば裏蓋さえ外せたらあとはチョチョイのチョイです(笑)。

 

この少しの手間を掛けるだけで、超速PCがお安く手に入るのですからチャレンジしがいがあります。一昔前までは1TBのSSDなんて高嶺の花でしたからね。良い時代になったものです。

 

 

 

トップページ